ぷいぷいあろは

記事更新中


最終更新時間:10月8日 8時47分
次回更新時間:10月9日 8時47分
検索結果70件
テーラー東洋,リバーシブルスカジャン,東洋エンタープライズ [ 2018/09/14(金) 15:16 ]

テーラー東洋,リバーシブルスカジャン,東洋エンタープライズ

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
港商スカジャン [ 2018/09/14(金) 15:06 ]

1940~1950年代東洋エンタープライズ前身の港商スーベニアジャケットを当時そのままに再現した作品

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
シュガーケーン バスクシャツ [ 2018/09/14(金) 14:50 ]

シュガーケーン バスクシャツ

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
蜷川みほ FUJISAN-彼岸富士 [ 2018/08/03(金) 15:35 ]

蜷川みほが描き上げた最新作「FUJISAN-彼岸富士」をモチーフにした作品

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
テーラー東洋スカジャン [ 2018/08/03(金) 15:32 ]

テーラー東洋のスカジャン。リバーシブル仕様で、裏表は、ドラゴン、ホークとなっています。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
SURF ISLAND STYLE [ 2018/06/20(水) 18:38 ]

当時、京都の染工所で日本の職人の手によって21版もの色を使い繊細に刷りあげられた〈ハレ・ハワイ〉の作品。アロハシャツの代表的なデザインとされる《ランド・オブ・アロハ》と同時期に生まれた連作のひとつで、《サーフ・アイランド・スタイル》と呼ばれる。イサム・タ...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
SURF ISLAND STYLE [ 2018/06/20(水) 18:38 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
サンサーフ 北斎 スペシャルエディション 忠臣蔵 東洋エンタープライズ [ 2018/06/14(木) 15:03 ]

「吉良邸討ち入りの際、吉良上野介守って討ち死にした小林平八郎は自分の曽祖父である」と北斎は語り、忠臣蔵を好んで描いたとされます。本作品は、北斎が四七歳の時に出版した仮名手本忠臣蔵シリーズのうちの一図です。吉良邸を俯瞰構図で描いており、薄墨であらわされた...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
JAPANESE MAPLE & FANTAIL [ 2018/05/04(金) 08:13 ]

ロサンゼルスで衣料品の卸売業に携わった後カハラ・ブランド創設者の一人となったナット・ノーフリート。彼に憧れてアロハシャツの世界へ飛び込んだロバート・タケシゲが立ち上げたのが、ホロホロ・アパレル社であった。鮮やかに色づいた紅葉の間から覗く、水面を優雅に泳...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
PARADISE OF PACIFIC [ 2018/05/04(金) 07:35 ]

高温多湿の日本の気候に最適なコットンリネン生地のハワイアンシャツ。麻の清涼感ある着心地、レーヨンに勝るとも劣らないプリントの発色が魅力。ビンテージアロハシャツのデザインとプリント手法を再現し、生地を裏使いする事で上品に仕上げた。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
UNDER THE SEA by Masked Marvel [ 2018/05/04(金) 07:31 ]

Masked Marvel(マスクドマーベル)とは、1950年代に生まれたアメリカンコミックのヒーロ。戦闘時にはマスクをかぶり、正体を見せない。当時そのスタイルを真似たアーティストが登場し、名を明かさずジャンルにとらわれないアートを手掛けて人気を博した。ヴィンテー...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
NOH-MEN,SS37790,SUN SURF [ 2018/04/01(日) 21:57 ]

漢字の最も古い書体である篆書で台詞を書き、その上に般若をはじめとした能で使われる面の数々をダイナミックに配置した一枚。コレクタブルなシャツをいくつも残してきたサンブロス&カンパニーの作品で、三サーフでは過去に手長猿の柄なども復刻している。他社があまり採...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
JUKEBOX JIVEI,ジュークボックス ジャイブ,SH37873,SUN SURF [ 2018/04/01(日) 21:31 ]

世界に名を馳せるアーティストとしてだけでなく、ミュージシャンとしても活躍するヴィンス・レイ。今回、かれが描き下ろしたもう一つのテーマは音楽。1950年代当時、飲食店やレジャー施設には、レコードを内蔵した楽曲の自動販売機であるジュークボックスが設置され、コイ...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
北斎 ”神奈川沖波裏”,SS37651,SUN SURF [ 2017/12/11(月) 12:15 ]

北斎は、波を描く染料に藍を選んでいます。特にこだわったのは、最も青の濃い部分で、当時はまだ入手困難であった輸入顔料の「ベロ藍」を使用していました。今回のアロハシャツには、北斎が使っていたものに近い本藍顔料を使用し、そのこだわりを継承しています。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
パイナップルボーダー,SS35651,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 14:18 ]

〈キイラニ〉は、アルフレッド・シャヒーン社のなかでも自社生産ではなく、米国本土から取り寄せたレーヨンやシルクなどの製品に付けられたサブブランド。人気の高いパイナップルモチーフの色鮮やかなボーダー・パターンが美しい作品。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
デュークスパイナップル コットン,SS35802,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 14:12 ]

麻、木綿混紡の爽やかな肌触りのアロハシャツです。定番のパイナップル柄です。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
デュークスパイナップル 綿 麻混紡,SS35801,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 13:58 ]

SUNSURFのアロハシャツ。定番のパイナップル柄です。綿、麻混紡です。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
SUNSURF 木綿 麻混紡 アロハシャツ,SS36577,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 13:43 ]

カトレアオーキッド柄の涼しげなアロハシャツです。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
SUNSURF アロハシャツ,SS35807,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 12:33 ]

ヤシの葉をモチーフにした、ざっくりとした生地の涼しそうな作品。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
PARADISE FLOWER,SS35667,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 12:25 ]

アメリカの大手生地メーカーで、当時ハワイアンプリントを数多く手掛けていた「COHAMA」が製品用に付けていた〈MADE IN CALIFORNIA〉の作品。米国本土で描かれたためか花の種類は特定できないが、月下美人とジャスミンをデザインしたようだ。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
SPINNING BOARDS,JS36643,SUN SURF [ 2017/08/17(木) 12:00 ]

ジョンのシャツには、サーフボードをモチーフとしたものが多い。彼にとって思い出深いクラシカルなウッド製ロングボードが、ちゅうを舞うかの様に躍動している様子をイメージして描かれた作品。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
マトソンメニューカバー-プルオーバー-,SS36589,SUN SURF [ 2017/08/12(土) 17:53 ]

ユージン サーベラーがメニューに描いた「ISLAND FESTA」をコラージュした作品。カメハメハ ガーメント社のものが有名で、非常に鮮やかな色彩で当時も人気が高く、素材違いのバリエ−ションが多く存在する。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ラスベガス,SH36948,SUN SURF [ 2017/08/12(土) 17:41 ]

毎年ラスベガスで開催されるビッグイベント「VIVA LASVEGAS]のポスターを手掛けている事でも有名なヴィンス レイ。カジノ系のギャンブルモチーフは彼の最も得意とするジャンルの1つである。総柄のデザインにはLADY LUCK(幸運の女神)やDUECES WILDのカードなど、マニアッ...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ゴールドフィッシュ [ 2017/08/12(土) 17:28 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
カウイ マーメイド [ 2017/08/12(土) 17:21 ]

ハワイに伝わる人魚の伝説をモチーフとし,日本の高いプリント技術で表現する。まさにハワイアンシャツの醍醐味が堪能できる作品。マウイ島ラハイナのプアマナの海に伝わるその伝説とは、若く美しい(ハワイ語でKAUI)人魚が海に遊びにきた男性を誘惑し、連れ去ってしまう...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
アンカーズ アウェイ [ 2017/08/12(土) 17:09 ]

アメリカ本土のスポーツウェアメーカー〈MANHATTAN〉社の製品は、ハワイをはじめマイアミやグアムなど全米各地のリゾートで販売された。同社のシャツは抽象的にデザイン化された柄が多く、こちらも船のアンカーを大胆に配したインパクトのある一着。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
デュークスメダリオン [ 2017/08/12(土) 16:59 ]

全米でハワイアンファッションを流行させたデューク カハナモクは、徐々に都会向きで洗練された抽象的なデザインを提案して行った。サファーでもあるデュークが手掛けたこの作品は、ロングボードのストライプと勝者のメダルを組み合わせたデザイン。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
チェリーブロッサムス [ 2017/08/12(土) 16:41 ]

戦後間もなくホノルルでスタートした<サトー クローザー>は、主に日本から持ち込まれた生地を仕入れてシャツを作っていた。桜の花をモチーフとしたこの作品は、背景に描かれた美しい色のグラデーションが特徴で、よく見ると木々や神社が繊細に描かれている。

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ムーンライト パームス [ 2017/08/12(土) 16:20 ]

緩やかに時が流れ、聞こえてくるのはヤシの葉が風に揺れる音と砂浜に届く波の音のみ。そしてコテージから見える薄明かりのなか、幻想的にたたずむパームツリー。楽園での休暇をイメージして描かれたこのデザインは、アロハシャツを着る者、見る者、双方の感覚を都会の喧騒...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
イーグル タイガー ドラゴン [ 2017/04/20(木) 16:40 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ライジン-雷神- [ 2017/04/20(木) 16:37 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
パリス [ 2017/04/15(土) 16:55 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
フィッシュストライプ [ 2017/04/15(土) 16:53 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ゴールドフィッシュ [ 2017/04/15(土) 16:50 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
プランテーションパラダイス [ 2017/04/15(土) 16:45 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ハワイアンカヒリ [ 2017/04/15(土) 16:43 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
マッキントッシュウクレレ [ 2017/04/15(土) 16:39 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ココナッツパームジャガードパイルTシャツ [ 2017/04/15(土) 16:28 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ファンフィッシュ [ 2016/04/09(土) 15:59 ]

海中を泳ぐ魚の絵柄。犬や猫、鳥や魚など愛らしい表情をモチーフとしたデザインは、1950年代当時も陶器の装飾品などにも見られる。しかし衣類、特にメンズシャツのモチーフとされることは大変珍しく、探し続けているコレクターも多い。スターオブハリウッドの名に恥じない...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ファン フィッシュ [ 2016/04/02(土) 14:28 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
カウボーイタウン [ 2016/04/02(土) 14:24 ]

フィフティーズカルチャーを紹介する書籍に何度も掲載されてきた有名なデザイン。まず目に飛び込んでくるのはカウボーイスタイルのガンマン。大胆な存在感を持つヤシのキヤ近未来的なスポーツカーなど、モチーフは1950年代当時のテーマパークと推察される。ノスタルジ...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ティキ ビレッジ [ 2016/04/02(土) 14:20 ]

古代から時が静止したような”ティキ・ビレッジ”の空間を、現代ミッドセンチューリーアート第一人者のMookieSato独自タッチで表現した作品。ハワイ文化の基板となったポリネシアカルチャーと、世界で活躍する日本人アーティストならではの感性が融合したアロハシャツは、...

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ロイヤルストライプ [ 2016/04/02(土) 14:16 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
パームツリー [ 2016/04/02(土) 14:11 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
フラ マ カイ [ 2016/04/02(土) 14:07 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
スペースロボット [ 2016/04/02(土) 14:03 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ハーベスト [ 2016/04/02(土) 13:58 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
ロング ティール ドフォール [ 2016/04/02(土) 13:53 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
フラハンズ [ 2016/04/02(土) 13:45 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
パイナップルアイランド [ 2016/04/02(土) 13:35 ]

≫記事の続き
(ぷいぷいあろは)
2ページ中1ページ