【新展開】コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「水間条項氏に援軍現る(ひとりがたり馬渕睦夫氏による感染経路不明者の正体)について語る」

【新展開】コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「水間氏に援軍現る(ひとりがたり馬渕睦夫氏による感染経路不明者の正体)について語る」

 

水間 vs 三神利休 のバトルに馬渕睦夫元大使が参戦!

 

馬渕元大使は水間氏の援軍となるか?

 

「ひとりがたり馬渕睦夫」#43 コロナ報道で隠されている真実/感染経路不明者の正体

 

この動画を受けて水間氏は援軍が現れたと嬉しそうに語っています。

 

『馬渕睦夫元大使「4月3日以降汚染地域から特段の事情で外国人が5000人近く入国」している』第73回【水間条項TV】フリー動画

 

 

この水間氏の動画を受けて三神利休氏は水間氏に強烈なツッコミを入れています。

 

馬渕先生が水間先生とは異なる発言をしました。「4月に中国人3000人以上が来た」という誤情報にはご注意を!

 

 

現在の各自の主張は以下の通りです。

 

【馬渕睦夫元大使の見解】
・遠回しに外国人(中国人)が特段の事情で日本に入ってきている。
・病院のベッドを外国人が使用している。その国籍を明らかにしないのはおかしい。遠回しに中国人が含まれることを示唆。
・真実を報道しないマスコミと隣国に忖度する政治家を非難する立場。

 

【水間氏の見解】
・法務省の資料を元に4月10日の動画で「日本は4月だけで3000人以上の中国人を特別入国させていた。」と独自の解釈により断言。
・病院のベッドを中国人が使用している。その国籍を明らかにしないのは中国人が含まれているからだ。
・中国に忖度する政治家を非難する立場。官僚は政治家の指示通りに仕事をしているだけで責任はすべて政治家にある。
・水間氏の主張は動画を更新するたびに微妙に変化しているが自身が情報発信した3000人という数字は訂正するつもりはない。また、水間条項TVの動画ではポジショントークに終始する。

 

【三神利休氏の見解】
・法務省の資料に中国人が3000人入国したことは書かれていない。憶測で3000人とする水間氏の主張はデマだ。
・日本の病院のベッドを占領している外国人を中国人と決めつけている水間氏の主張は根拠に乏しくデマだ。
・日本のマスコミ、政治家の姿勢は良くないが、憶測や推測で判断しデマ情報を拡散する水間氏の主張は受け入れられない。
・三神氏は水間氏と対決するつもりでコンタクトを取っているが水間氏からの反応はなく無視されている。
・三神氏としては不確かな情報を元にしたデマ情報をさも真実かのように情報配信する水間氏を否定。
・三神氏としてはこのままこの話題には触れないようにしようとしたが、馬渕睦夫元大使のことを援軍現るとした水間氏を黙認することができない。
・水間条項TVの発言を分析して矛盾点を見つけてはツッコミを入れるというスタンスに終始する。

 

このように水間氏も三神氏も自らの主張を曲げるわけにはいかないので引くに引けない状況に陥っている。

1999年3月31日から2001年12月5日までテレビのワイドショーを賑わせたミッチー・サッチー騒動を思い起こすが、ワイドショーネタには最高のバトルだが、中国に忖度するマスコミは一切この話題を取り上げない。

 

■前回記事:【続報】コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「地獄の釜の蓋を開けました by 水間条項」
■前々回記事:コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「日本は4月だけで3000人以上の中国人を特別入国させていた」