コロナウイルスのフェイクニュース第一弾 「病院に患者がいない」

コロナウイルスのフェイクニュース第一弾 「病院に患者がいない」

コロナウイルスのフェイクニュース第一弾 「病院に患者がいない」に関するコラム

 

 

 

海外のユーチューバーが病院を回るも患者が全くいないことの真相

 

 

いきなりこの記事を見た人は「病院に患者がいない」とは何のこと?と疑問に思うでしょう。

 

感染爆発しているとされる米国や欧州のユーチューバーが外出禁止命令の最中に町中の病院をめぐり、患者のいない病院の様子を動画に撮りユーチューブにアップした動画が拡散され話題になっています。

 

ニュースでは病院に病人が殺到し医療崩壊している、人工呼吸器も足りないと連日ニュースになっているが、実際に病院に行ったら人が全くいないではないか?

 

これは何かの陰謀だ!と叫んでいる動画が拡散しているのです。

 

さて、事の真相はいかがなものでしょう?

 

「病院に患者がいない」とされる動画を最初に投稿していたユーチューバー達は、いわゆる都市伝説ネタやフェイクニュースで再生回数を稼ぐユーチューバーだったのです。

 

そのフェイクニュース(フェイク動画)を真実だと思い込んだ一般ユーザーにより動画が拡散され、陰謀説がさも真実であるかのように拡散されたのであります。

 

このことに関しては、医療現場に働いている医師や看護師が、実際の現場の様子を動画にアップしたり、実名で現状を語っていることからも、実際の医療現場では医療崩壊が起きている(医療崩壊寸前の状況である)ことは疑いのない事実であります。

 

こうしたフェイクニュースは一度拡散されると嘘の事柄でも事実の様に広まる性質を持っていますので、真実を見抜くことは非常に難しくなります。

 

コロナ関連のニュースは様々な嘘の情報が拡散されていますので、信用できる情報筋を見つけることが肝心だと感じております。