【続報】コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「地獄の釜の蓋を開けました by 水間条項」

地獄の釜の蓋を開けました

【続報】コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「地獄の釜の蓋を開けました by 水間条項」

 

 

いやぁ〜、こんな恐ろしい日本語の表現があったとは。

 

 

 

前回 コロナウイルスのフェイクニュース第2弾 「日本は4月だけで3000人以上の中国人を特別入国させていた」の水間氏がブチギレて、

 

「地獄の釜の蓋を開けました。」

 

「その中にどんどん投げ入れます。」

 

「私の上げ足を取ったビジネス保守には死んでもらいます。」

 

「そういうビジネス保守には皆さん地獄の釜の中に落ちてもらいます。」

 

まさに閻魔大王さながらのお裁きか。

 

まずは動画をご覧ください。

 

 

日本ミツバチ隊の皆様は今回私をデマ呼ばわりした人の魚拓を取っておいてください。

 

泳がせておいてミツバチさんに魚拓を取らせる。

 

敵対勢力を炙り出す手法にこんなやり方があったとは。

 

すべて計算ずくであれば化け物ですわ。

 

政治家の誰か?幸福実現党の及川氏、他ユーチューバーの方々。

 

やばい人を敵に回したものだ。

 

水間は嘘をついた、虚偽だといっている方々には死んでもらいます。(動画の14:35あたり)

 

ちなみに動画内で発言している「死」とは、社会的な「死」を意味します。

 

キャスターやっている人はキャスターやめてもらいます。

 

組織の代表は組織を解散してもらいます。

 

ユーチューバーには消えてもらいたい。

 

ミツバチ隊が追い詰めます。

 

また、動画内で水間氏は

 

「3000人は間違っていないと思っている。」

 

「特段の事情は航空関係者は関係ない。国際線のクルーは自由に出入りできる。」

 

「特段の事情を許すのは冗談じゃない。」

 

「東京はすでに医療崩壊。」

 

という様に、自身の発言の訂正や撤回はしないみたいです。

 

わたくしまさやんは地獄の釜には入りたくないので、応援する側で記事を書いていきます。

 

今後の展開にも目が離せないですね。