結核予防のBCGワクチンを接種している国ではコロナウィルスの感染率が低いことが分かった

結核予防のBCGワクチンとコロナウィルスの関連性

結核予防のBCGワクチンを接種している国ではコロナウィルスの感染率が低いことが分かった

 

現在、様々な医療機関でBCGワクチンとコロナウィルスの関連性について研究がされているが、幼少期にBCGワクチンを接種することを義務化している国とそうでない国を見たときに、統計上BCGワクチンの接種を義務化している国の方が感染率と重篤化率が低いことが分かってきた。

 

関連性に関しては未確認ながら、既に医療機関や保健所などにBCGワクチンの接種を望む人々からの問い合わせが増えている。

 

BCGワクチンは乳幼児が接種することで結核菌に対する免疫をつけることができる。

 

 

大人が接種したからといってすぐに効果が得られることはない。

 

しかしながらコロナウィルスは未知のウィルスゆえ、BCGワクチンが効果がある可能性も否定できない。

 

今後の研究結果が待たれるところだ。